スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き溜めを晒す

「おばあちゃん」

小さい頃おばあちゃんと一緒に花火大会に行った。

小さい僕は、おばあちゃんと一緒に花火大会に行ける事が嬉しかった。

小さい僕は、おばあちゃんに「まだ~?花火まだ~?ねぇまだ~?はなび~!」と困らせてばっかりだった。

おばあちゃんは、「もうすぐだからね。ちょっと待とうね~。」と言った。

おばあちゃんは僕に「ほらもうすぐ始まるよ~。」と言った。


ひゅ~~~ドーーーン!!


花火が打ち上がった。


花火見つめながらおばあちゃんは言った。



「空襲とおんなじ音。」











「ボタン」


おばあちゃんの家には昔「ボタン」という犬がいた。

僕は「ボタン」が大好きだった。

おばあちゃんの家に行くと必ず「僕が散歩するー!」と言って泣き止まなかったそうだ。

僕はボタンが大好きだったので、普段丸くて硬いドックフードしか食べていないボタンのために

ペットショップで「ペディグリーチャム」みたいな缶詰を買いに自転車を走らせた。

みんなにナイショで遠いペットショップまで自転車をこいだ。

お母さんやおばあちゃんに言ったら「危ないし遠いから絶対ダメ!」と言われるのが目に見えていた。

だから僕は大人達にナイショで一生懸命自転車をこいだ。

やっとの思いでペットショップに到着した。

ペディグリーチャムを見つけた。

あんまり覚えていないけど小学校1年生の僕の財布には100円ぐらいしか入ってなかったと思う。

お金が足りなかった。

泣きそうになった。

本当に涙出るかと思った。

諦めて帰ろうとした頃、特売品なのか「50円のペディグリーチャムもどき」売ってた。

迷わず買った。

帰ってボタンに食べさせた。

みんなにナイショでボタンに「ペディグリーチャムもどき」食べさせた。

おいしそうに食べてくれた。

ムシャムシャ食べてるのを見て僕はすごく嬉しかった。






次の日からボタンはそのペットショップに入院した。













「先生」


ある日学校で先生が「戦争」を体験した方が書いた本を持ってきた。

先生がその本を朗読した。

ガヤガヤしていた教室がシーーンとなっていくのがわかった。

女の子の目に涙が浮かんでいるのが見えた。

一通りの話が終わって先生がイスに座ってうつむき加減でこう言った

「今は男性も女性も立場は平等だけど、当時はみなさんも知ってるとうり男性のほうが偉かった」と言った。


その後、先生はこう続けた・・・


「女が家事の時代は終わった。これからは男も料理できないとダメ。」と言った。



そして彼女はこう言った。



「あの人みたいに料理できたらモテるよ。ほらいるじゃないあの人。えぇっと・・あぁそうそう。」










「キムあに」







僕ともう一人の友達の2人だけが机に顔を伏せて笑いこらえながらピクピクしていた。












「お父さん」


お父さん、友達泊まりにきてる僕の部屋にいきなり入ってきて「10円貸して」っていうの止めて下さい。

お父さん、「○○は昔○○だったんだよ~」と言った後、僕が「うっそ~ん!まじで?」と言ったのに対して
     「お父さんがウソをつくか!!」とマジギレするのやめて下さい。

お父さん、僕が中学のときお小遣い貯めて買ったリーバイスのGパンをローテーションの1つに入れないで下さい。

お父さん、ギターの事を「ターギー」というのをせめて友達の前では止めて下さい。

お父さん、休日にチョイチョイ「はんだごて」で何かの基盤をいじるのやめて下さい。

お父さん、10万円する自転車を買ってきて「お母さんにはナイショな。」と言って普通に玄関の中に置かないで下さい。

お父さん、自転車の色を赤にしたのは良いですがリュックも真っ赤なのには正直笑ってしまいます。

お父さん、僕の携帯にかけてきて必ず最初に「お父さんですけど、」って言うのネタですか?

お父さん、2ヶ月に1回パーマあてるのほんまにやめて下さい。

お父さん。どうかお幸せに。















「スポーツドリンク」


この前スポーツドリンク飲んだ。

「H2O」という商品名だった。

これの企画会議に参加してる人全員文系だと思った。










「50音」


「あかさたなはまやらわ」

「いきしちにひみいりい」

「うくすつぬふむゆるう」

「えけせてねへめえれえ」

「おこそとのほもよろを」


僕は思う。
これを無理やり覚えさせられたの只の嫌がらせ。












「倉本くん」


小学4年生の頃の学習発表会で「ウサギとカメ」の劇やった。

クラスに「倉本くん」というキテレツな子がいた。

1年間で喋ってるとこ見たのは1回くらいしかなかった。

僕らは劇の練習を何回もやった。

倉本くんは「ウサギを応援する役」だった。

練習に練習を重ねた。

でもいつも同じ所でストップした。

倉本くんがセリフを絶対に言わなかったからだった。

先生は「倉本くん?なんでセリフを言ってくれないの?」と言った。

倉本くんはそれに対しても無言をつらぬき通した。

倉本くんは練習で結局1回も自分のセリフを言わなかった。

本番になった。

「ウサギそのままいけー」とか「やっぱり亀なんかに勝てっこない」と他の子が言った。

倉本くんのセリフの番になった。

僕らはどうなるのか分からず恐かった。

みんなが倉本くんのセリフをスルーして次に行こうとした瞬間

倉本くんが口を開けた。




「いいーーーーぞっ!!うさぎーーーーーーーーー!!!!」



次のセリフの子がめっちゃ笑いながらセリフ読んだ。

今思い返しても主役は完全に「倉本くん」だった。













「ラーメン屋」


昔、ラーメン屋に行った。

友達と2人で行った。

女子高生ぐらいの女の子がラーメン運んできた。

がっちゃーん!

女子高生ぐらいの女の子が手を滑らせた。

女子高生ぐらいの女の子は「申し訳ございません!!」と言った。

僕は「いえいえ。大丈夫ですよ。」と言った。

ラーメンのスープと麺の半分以上がテーブルにこぼれた。

女子高生ぐらいの女の子は「大変申し訳ございません・・・」と言って厨房のほうへと急いだ。

帰ってきた。

布巾を持って帰ってきた。

女の子は机を拭きながら「大丈夫ですか?濡れませんでしたか?」と言った。

僕は「テーブルにしかこぼれてないですから僕は大丈夫ですよ。」と言った。

女子高生は、それからも丁寧に謝り続けた。

僕は「めっちゃええ子すぎるわぁ~」と友達に言った。

友達も「うん。スゲー丁寧だったなぁ~。なんかこっちが気使うな。」と言った。

僕も「たしかにそれあるわ!笑 でもなんかああいうの見るとやっぱキモチいいなー。」と言った。

それから新しいラーメン来るまで数分待った。

それから新しいラーメン来るまで数分待った。

それから新しいラーメン来るまで数分待った。



結局来なかった。


僕は「友達のラーメン」より「半分以上少ないスープと伸びきった麺」に750円払って帰った。


お店出た後、友達に「試食か!」と言った。

めっちゃウケた。











「デュエルパス」


結構前にデュエルパス買いに行った。

いつもと違う場所のお店の近くをたまたま通ったので「ウィーーン♪」と軽快に自動ドアくぐった。

売ってたからレジに持って行った。

店員さんに「何パックですか?」と聞かれた。

僕は「ん~どうしようかな~」と思いながら店員さんの顔を何気なく見た。

店員さんは中学の同級生の「エロス」というあだ名の奴だった。

10年ぶりぐらいの対面だが僕はすぐにそれが「エロス」だということが分かった。

僕はとっさに「ちょwwめっちゃ恥ずかしい。どうしよこれ・・・」とテンパッた。

僕はめっちゃうつむき加減になった。

なんならほんまにうつむいた。

僕は絶対バレたくない。と必死だった。

店員さんは俺に気付いてるのか何なのか分からないが

「何パックですか?」ともう一回聞いてきた。

その後、僕の口から信じられない一言が飛び出した。










「間違えました。」





プロフィール

tamatukuri

Author:tamatukuri
LV24 
称号 カード収集王
チーム Meteor(ミーティア)
好きなカード ライトニング・ボルテックス
 
ライボル



YO内で見かけたら声かけてください!あとブログやってる知り合い全然いないんでこんなアフォのでも良いよっていう天使様がいるならば相互リンク大募集中です!!

YO内での赤字でもメールフォームからでもなんでもいいのでよろしくお願いします!

素人クオリティー絵画&動画製作やYOしたりするのが趣味です。あとサイクリングとサッカーもですね。

ロケルトは俺の嫁
嫁のrokeltoが書いてくれますた^q^

風来坊様
愛人の風来坊さまが描いてくれましたω^

23768343_1270213780.jpg
※この画像は自分が描いた画像ですw意味は特に無い!



※これも↑の画像etc(ラクガキ)で作った動画ですねw


これは前UPしたやつのボツ的なあれです。short verにして自重しました。笑
一応晒しておきますドMなのでw


遊戯王ONLINE・ブログ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム
リンクの件やら質問でもなんでもいいのでお気軽に連絡下さい^v^

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。